【インフルエンザ】学校閉鎖も発生!?4月なのに流行している理由とは??

こんにちは。
ともおじです。


暖かい日も続き、

本格的な春の訪れとなっていますが、

4月に入ったというのに、

インフルエンザが流行しています。

なぜ??

この時期に流行しているのか??


その理由として、

まず、インフルエンザA型のピークは過ぎているのですが、

今流行っているのは、インフルエンザB型になりなす。

インフルエンザB型はA型に比べ、

高熱が出ない事が多いのが特徴です。

そうなると、単なる風邪や花粉症かと思い込み、

新学期、新年度も重なり、

他人との接触も気にしない事で、

感染が広まってしまうわけですね。


それに加え、

予防注射の効果は5ヶ月間といわれているので、

昨年11月頃に接種した人は、

すでに約3月いっぱいで効果が切れてしまってるわけです。

そして、

その時期に寒い日が続いていたというのも、

感染拡大の原因の一つではないでしょうか。


そこで予防としては、

もちろん手洗いうがいは基本ですが、

歯磨きも効果があるみたいですよ。


特に、寝てる間に菌が増殖しますので、

寝る前は念入りに磨きましょう。

小さい子がいるご家庭でも、

5分以上のハミガキが効果的です!!


それでは、

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。


この記事へのコメント

ランキング参加しています!

にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックお願いします☆


人気ブログランキングへ